2020年3月24日 (火)

3月、ヤブランの新芽が出るころ

春先、どの生き物もザワザワと動きだしてくる頃。

緑をお世話する私たちも動きだすシーズンです。

忙しくなってきました🏃🏃🏃

 

Dsc_1282

ポット苗がちょうど事務所にあるので、ヤブランの「切り戻し」を行っていきたいと思います。

「切り戻し」とは、伸びすぎた枝や茎を切り取って

①全体の植物の形(樹形)や大きさを整えたり、

②芽や実に養分をまわして生長を促したり、

③風通しをよくして病気や虫から守る

効果があります。

一粒で三度おいしい!

やるっきゃない☆ミ

さて、葉をかきわけて中心をよく見ると

Dsc_1245

このヤブラン、すでに新芽が出ていました。画像まん中のポコッとした子です。新芽が出ていたら、絶対に傷つけないように注意してあげてください。今回の「切り戻し」は、この新芽がすくすく育つように、古い葉を切っていく作業になります。

 

園芸用の万能ハサミを使用しましたが、ヤブランの葉っぱは柔らかいのでご家庭の万能ハサミでも十分です。

Dsc_1301

ではいざカット!

Dsc_1282_20200324104901

↑✂️before✂️↑

↓✂️after✂️↓


Dsc_1288

これでOKです。今はずいぶん寂しくなりましたが、今後キレイな新しい葉っぱが育ってきます。
切り方は根元でチョキチョキしているだけですが、ご覧になりたい方はカットしている動画をインスタグラムでアップしています。
ご覧になってください。→#自然浴工房のお役立ち動画 

ヤブラン、斑入り(フイリ)ヤブランは、寒さ暑さにもつよくて日陰でも育つ常緑の多年草です。
初心者ガーデナーさんにとって付き合いやすい子なので、自然浴工房で緑を植えるときにも大活躍しています。
夏場には紫色の小さな花が咲いたり、健気でしっかり者のイメージだなー
愛いやつ、愛いやつ。



自然浴工房で施工されたお客さまですと、高い確率でお庭にいます。
どの子~??
分からないときはお気軽にお問い合わせください!

ハサミを片手に、お庭に出てみませんか?

 

2020年2月18日 (火)

自然浴工房はホワイト企業

たいそうなブログタイトルですが、本日は改めて
自然浴工房に感謝の日でした。

暖冬、暖冬といわれている今年ですが、
今朝は2020年いちばん冷え込みました。
佐賀県でもどちらかというと山すそに住んでいる
山中は、昨日から

(明朝…ぶじに車を出せるだろうか…)

と不安で夜しか眠れませんでした。

案の定、日が射す前からカーテン越しにぼんやりと明るい。

(…あさぼらけ  ありあけのつきとみるまでに
   よしののさとに ふれるしらゆき…)

佐賀市内では今年はじめての積雪。
どうしたものか、
とりあえず道路の凍結を確認しに行こうか、と
そのタイミングで スマホの通知音。

「今朝は道路、凍結しとろ?無理せんでよかよ!」

島さ~ん!!!👀✨👀✨
ありがたや~ありがたや~


結局、大事にはいたらず出社できたのですが
お気持ちがありがたかった!

ささやかな事かもしれませんが
つきつめて考えると
うちのお客さま 皆さんが急かしたりせず
むしろ作業に協力的でいてくださるおかげで、

作業の質に重きをおく、つまり巡りめぐって
お客様も職人さんも大切に考えている島さんのおかげで

幸せな環境で仕事ができているなぁ、と。
あ~仕事がんばろう!!と思いました。


ホワイト企業がなんたるか分からない不勉強な私ですが
こんな風な 良い循環の中でものやサービスをつくる
企業を言うのではないでしょうか。
なきにしもあらず~

2020年2月 5日 (水)

造成された家の土

本日はとくにご機嫌で外仕事をしてきました山中です。

通常、新築の家まわりの土って、カチカチに固くて
石ガラ混じりで、掘ると粘土層が出てきたり…。

もともとが田んぼだったりして、
家屋を建てるために新しく造成された土地は
(しょうがないのですけど)
植物を育てるのには適さないことがほとんどです。

なのに!!
本日は施主様のお家まわりが
黒い!!
黒くてフカフカしている所もある!!!

😃💕😃💕💕😃⤴❤⤴🎶🎵😃❗

せっかくなので、たい肥を混ぜたり ひと手間かけて
予定している花壇に流用したいと思います!
あ~~~嬉しい誤算!

施主様ご家族にお聞きすると、敷地を敷く以前は竹やぶがあったそうです。
自然の黒土なんだな~

実はこういうケースは今まで 片手で足りるくらいしかありません。

そのほとんどが、地形上だったり、はたまた造成前が畑だったおかげでしたが
良い土があることを お客様自身も気づいていらっしゃいませんでした。

oh…もったいない。新しく花壇や畑を始めたい人にとっては
喉から手が出るほど 羨ましい貴重なものなのに~
良い土って、肥料と混ぜればすぐ完成するものではなくて、
長い時間をかけないと出来上がらないんですよ。

それがすでに家にある喜び✨⤴✨😃

そういうわけで、K様の代わりにご機嫌で土運びをした山中でした。






























2020年1月 5日 (日)

2020年,年始のごあいさつ

2020年、あけましておめでとうございます🎍☀🎍

お客さまからも、仕事でかかわる周囲の皆さまからも

たくさんの方に支えていただいた ありがたい一年でした。

旧年も大変お世話になりました。深々とお礼申し上げます。




至らない点はもちろんたくさんありますが、

堂々と胸を張って言えるのは

おかげさまで、楽しく仕事をできている。

これに尽きます‼‼‼

そのお礼をしていけたら、

自然浴工房と一緒に

楽しくお庭をつくっていけたら幸いです。

 

どうぞ今年も よろしくお願いいたします!









2019年12月26日 (木)

遠くへ行かない山中

たびたび島さんのブログでネタにされている山中ですが、
いや、私もいい大人ですから~
アタタカイ気持ちで対応していますよ。
チベットスナギツネの顔面で。

Tibetansandfoxtop

Tibetansandfoxtop2 

しかし今回のブログ山中ネタ記事は、
さすがの島さんもフォロー記事
書かれましたね(ニヤニヤ)
叙述トリックをみずから解説するという
地獄のような罰を受けたので(ニヤニヤ)
私は何~も怒っていませんよ。

むしろ、ご心配をおかけしてご連絡くださった皆々様に
感謝の気持ちがつのるばかりです。
胸があたたかくなりました。
本当にありがとうございました。

山中は今後とも変わらず現場をウロウロして
楽しくお仕事させていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします!!

2019年9月 2日 (月)

豪雨による被害について

北部九州を豪雨が襲ってもうすぐ一週間になります。

まだ客観的に事態を考えることができていないようです。
「え…」と呆気にとられている間に、みるみる眼前に
とんでもない光景が広がっていったような…。

自宅の周囲では浸水も冠水もありませんでしたが、
恐ろしい夜朝を過ごされた方々を思うと胸が苦しくなります。

これが自然災害なんだな、と。

なす術なく さらって過ぎていくものなんだな、と。

これまで日本中、世界中、多くの天災の報せに心を痛めていましたが、
当地では痛む感覚もにぶく、ぼんやりした寄る辺ない気持ちが続くとは
先週まで知りませんでした。

佐賀に限らず、
被害のいまだ残る地域の人々に 安心して暮らせる日々を建てられますよう
強く願います。

島さんは先日、大町町の災害ボランティアに参加してきたそうです。
「濡れた畳があんなに重いなんて知らなかった」と
同じ佐賀県内でもまったく違う惨状を聞かせてもらいました。
まだまだ災害は続いています。

生きていくってこんなにも…。







話はかわって、
ボランティア活動中にたくさんのメディアに撮影&インタビューされた
島さんですが、本日その記事を見てみると…

まったく覚えのないコメントを発言したことになっていました!

腹話術人形のように、メディアが発信したい方向へ氏名だけ乗っ取られたのかな。
ヒエ~~ッ。

2019年7月10日 (水)

野菜は土の転校生

先の記事では
まぁまぁ、気負わず小さな畑から
始めてみませんか?という提案でした。

ではいざ始めるにあたり まずやることは
土を耕して、

耕して、

耕すことです。

合間、根の成長を阻害するような石を
取り除きます。


もちろん自然浴工房の庭づくりにおいても
木や草花を植える場所は、根がスルスルと
伸びていけるように掘り起こしています。

私の好きな作業の1つです。
好きすぎて 目がいっちゃってます。
いっちゃった目で土を掘りまくる人、私です😖



この狂人がいったい何を考えているかというと…
(僭越ながら、脳みそご開帳)

土の中には目に見えたり見えなかったり
とにかく たくさんの小さな生物が
お互いに関係しあって存在しています。

この土壌生物たちのバランスが良い土が
イコール 植物にとっても育ちやすい良い土でして

例えると、野菜の苗は「転校生」で
畑の土は「学校」のような。

Choju44_0024

すでにある良好な生物学校に、転校生が
「おいらも混ぜておくれよ」と
ポヨッとお邪魔させてもらうイメージを持っています。

土の中にある、微生物社会の力をお借りして
私の野菜を育てていただいている。
リスペクト。
ロマン。
世界そのもの。
瞳孔も開くよそりゃ。


そんな絶賛夢想&土堀り作業のさなか、
菜園作りに興味のあるお客さまSさんの視線。じっ👀

私も土づくりの重要さをお伝えしたいと強く思いました。
どう言えばいいものか、簡潔で分かりやすく、
かつ重みをもって お声がけせねば…!

土だんごをつまんで、いざ

Tsuchiroman1
アウトーーーーー!!!
Tsuchiroman2
だめだめだめ!!
さすがにヤバい。変人だと思われる。
切り取り方ー!
早く別の言葉を探さなくては!
なにか、なにか!











Tsuchiroman3

一緒ーーーっ!
語彙力ーーーっっ!!
土くれ摘まんで言うワードじゃなかった!

しかし一度口からこぼれた言葉は元には戻りません。
冷や汗をたらし、Sさまを伺い見ました。
Tsuchiroman4 

Tsuchiroman5
自然浴工房は優しいお客さまに恵まれています。



2019年6月 3日 (月)

(家庭菜園…レベル1の勇者よ…)

ブログをたいへんご無沙汰してしまいました💦
季節はもはや初夏!

九州の家庭菜園のスケジュールでは
すでに夏野菜の苗を植え終わった
あたりでしょうか…💠

自然浴工房でもミニトマトを新たに育て始めました。
実ったら冷やして→現場のおやつとして
美味しくいただきたいと計画中です。

Szntomato 

水を与え手を入れ、少しずつ大きくなる様を
見てきただけに、収穫していざ食べるときは
美味しさも感謝の気持ちもひとしお です😃

ご新築のお客さまでも「家庭菜園」を
外構プランに希望される方がとても多いです。
大賛成です🎵

ただし、ひとつご提案が!

育てるのって思っているより大変…‼
なので、
初心者の方は
小さなスペースから始めてみては!

たとえば、プランターから。
たとえば、1㎡の菜園から。

いきなりクッパと戦うよりも
まずはクリボーと対峙する方が
ピーチ姫を救出する近道であって💦

DIOやフリーザや白面の者や
ゾーマやタイラントや藤崎詩織を
レベル1では倒せませんから!!

あぁっ、伝わりますかね~不安。

イメージする理想の「家庭菜園」に届かず、
失敗を感じながら 緑を育て続けるのはしんどい
はずです。
まずは小さな「やれた」「美味しい」を重ねて
ラスボス級の「家庭菜園の苦労」を攻略していきましょう!
特に夏は!!!

もちろん、すでに緑のお世話は経験済みの方は
この限りではございません。
ご自身も大切に、緑も大切に、
お庭生活を楽しまれてください♥






2019年2月 4日 (月)

●●だけで人生変わりました!

突然ですが、過去の記事

2017年11月にあげた写真をどうぞ。

Juunann1
私です。


そしてたった今撮った1枚がコチラ☟
1549261072418


 
 
わーーーっ!!
う、うそみたい!!!
シルクドソレイユーーー!?


1549261077518
調子にのって、 もう一枚




2ねん前から腰痛に悩むYさんの体験談。
 
”休日に思う存分ゴロゴロしたいのに、
長時間 横になっていると感じる腰の重だるい痛み…。

朝から体がギシギシ…。
子どものときのような爽快な目覚めはもう訪れないのか…
とここ数年、沈んだ気持ちでした。”

そんなYさんは とうとうある日、
ぎっくり腰になってしまったそうです。


”もう一生 この腰痛と付き合っていかないと
いけないのかな、と痛くても諦めていたんです。”

暗い毎日をおくるYさんと●●との出会い…‼‼

”でもそんな時、上司が「筋肉は嘘つかない」と
ストレッチ トレーニング
を紹介してくれたのです!”

”はじめは半信半疑で始めたのですが…

驚きましたね。
翌朝どころか入眠時にその効果を実感しました!”

Aomuke
👆睡眠中のYさん(イメージ図)
   引用元https://matome.naver.jp/odai/2145830063069500301

”全身が楽になって、手足を放りなげた仰向けの
姿勢でフーッと夢の中に入る感覚にびっくり!”

”はじめは体が軽くなったことに驚きましたが、
ストレッチを続けていくうちに今まではできなかった姿勢が
とれるようになっている気がしました。
腰の痛みを感じる日も、いつの間にか減ってきて…”

生き生きと実体験を語るYさん。
仕事にも変化が表れてきたと話す。


”いつものようにお客さまへお辞儀をしていたら
あらあら~と、どこまでも頭が下がっていくんです!
上司からも「良い礼だ」と褒めてもらいました

そう語る笑顔のYさんがストレッチを始めたのは
およそ半年前。
たった半年で期待以上の効果を得られた。


”もちろん今後も続けていきます。
腰痛対策に始めたけれど、
今ではフィギュアスケートのポーズが目標です!!”

…Yさんは夢いっぱい はるか高みを目指す…!

Cocolog_oekaki_2019_02_04_17_57




2019年1月 7日 (月)

2019年始のご挨拶

2019年
あけましておめでとうございます。


Photo

旧年中はみなさまの多大なご支援のおかげで
ぶじに年を越すことができました。
たいへん感謝しております。

施工中のお客さまのところでも、
現地調査、打ち合わせ中でも、
CAD作成中でも、いつでもどこでも
楽しくお仕事ができました。

これは本当にみなさまのおかげです。
厚くお礼を申し上げますm(_ _)m


近くにいても、遠くにいても、励みになっています。



すこし前に 島さんも記事に上げていましたが、
「通り道、施工現場を見かけた」ことをきっかけに
当 自然浴工房に お声がけくださるお客さまが
続けていらっしゃいまして

なんだか 嬉しいなと思いました。


現場の整備や、ご近所への配慮も
もちろん!気がけていますが
「休憩中の談笑」をご覧いただいたようで。(^ω^)

誰だったんだろう?
島さん、職人さん、配送さん、生コン屋さん、メーカーさん。
それとも 施主のお客さまも その場にいらっしゃったかも。


そのとき現場に誰がいたのか分かりませんが、
全員が「いい外構を作る」気持ちにいっぺんの曇りなく
安心して 協力しながら 楽しんで仕事をしていたから、

「良い雰囲気」が伝わったのかな、と口元が緩みます。

(こんな環境を作ってくれて、改めて
島さん ありがとうございます。)

より良いエクステリア空間を作ることができるよう
誠心誠意 努めてまいります。
どうぞ2019年もよろしくお願いいたします。


«剪定できるもん!

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ