« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

パンクの女王

パティ・スミスではありません。

Photo

これまでの人生、5回のタイヤパンクに遭遇した私のことです。

そのうちの2回は、我が自然浴工房のスピードスター
「自然浴工房号」のハンドルを握っていた最中に起きたものでした。

私くらい経験を積むと、走行中の音で「おやっ?」と
予知できるほどの能力が身につきます。
タイヤの回転に合わせたリズムで「パシュン…パシュン…」と
いう音が外から聞こえます。
これがプレリュードです。

妙だと感じたら、ここが大切です、慌ててはいけません。

すぐさま降りてタイヤを確認したい焦りをしずめて、
最寄りのガソリンスタンドに車をゆっくり進めてください。
もしくは広い駐車スペースがある場所を目指します。
緊急事態ですから、コンビニや公共施設の人も
寛大に駐車を許してくださるでしょう。
冷静さを装い、安全な場所へ移動する。
ここが大切です。

私も4回目のパンクの時は、
これだけの数をこなしていますから
奇怪な音を耳にしてもなんとか冷静さを取り繕ったものの、
赤信号の妨害を受け、停車をよぎなくされてしまいました。
青信号に変わったころは、時すでに遅し。
タイヤは空気が抜けきりペッタンコに。

道路の真ん中で立ち往生する危険は
パンク事故につきものです。
まず安全な場所へ車を進めてください。


さて、これだけの経験値を獲得しても
危機回避能力のレベルだけはいっこうに上がらないもので、
何を踏んでタイヤが切れたのかとんと思い当たらない。

こうなってくると「ははぁ、このカーは私のことが嫌いなのだな」などと
現実逃避した答えをはじき出すしかありません。
馬は未熟な乗り手にたいしては、バカにした態度をとると聞きます。
欲目にも達者とは言えないドライバー山中に
手綱を握られたくないと、この車が感じたとしても不思議ではない。
ええ、なんの不思議もありません!

そうして先日。
自然浴工房号は、
決定的な三行半をたたきつけてきたのでした。

島さんと運転を交代した直後、
後ろの車を確認しようとバックミラーに手をかけたとき…

ポロン。
Poron



ん?
Poron_2


Bikkuri
↑山中「わぁーーーーーっっっ」

Bikkuri_2
↑島さん「はぁーーーーーっっっ」

そんなバカな!
そんなバカな!!

場所は交通量の多い国道。
とても冷静さは保てません。落ち着いていられません。
車線変更も必要に迫られています。
ここまで嫌われていたとは!
わが身を切ってでも、山中の命を取りに来ています。


Cocolog_oekaki_2013_09_26_18_54


……事件から月日を重ねました。
自然浴工房号は現在、タイヤはすべて交換。
オイルも交換。
エレメント?もブラッシング?もしてもらいました。
「どうどう、グッボーイ、グッボーイ」
ご機嫌をとりつつ、じゃじゃ馬ならしに余念がありません。

ケンカした日もあったなと
いつか笑って語り合うことのできる悪友になりたいものです。

友人になれずとも、せめてこれ以上パンクの回数を更新せぬよう
運転中は気を抜かず、しっかりハンドルを握り
自身も愛車も無事に現場へたどり着けることを心がけたいです。

 

2013年9月20日 (金)

あぁ、無常

昨晩は十五夜のお月さんでしたね。

とっても明るくて日陰ならぬ、月影があらわていたほどでした。

Juugoya

今年は、十五夜と中秋の名月(満月)が重なる年だったので
全国でも月を見上げた方が多い夜だったのではないでしょうか。
お月見も良いものです

こうして月を仰いでいると、
なんだかセンチメンタルな気分になってきます…。
(変わらないものはないんだなぁ)
しんみりとした感じ。
ゆく河の流れは絶えずして、というアレです。無常感。

ソレというのも先日、高校の同級生との偶然の再会が発端でした。

彼女曰く、
なんと我らが学び舎が取り壊されると言うではありませんか!
これから先も母校はずっとあるものだと思いこんでいたのかもしれません。
とんでもなく寂しくなりました。

Ogiko

といっても校舎の建て替えがおこなわれるだけで、
つまり学校自体はあり続けるので、なぜかホッとして。
常ひごろは存在を確認したりしないのに、
いざなく遠くになってしまうと愛おしくなってしまう、それがふるさとです。

次に十五夜と満月が重なる日は8年後になるそうです。
同じように丸い月を見上げていても、
その時にはたくさんのことが変わっているんでしょうね。
途方もない話です

再会した旧友のひとこと
「みゆきちゃん、かわっとらんね~」
(喜んでいいのか…!?)

再会した保育園の恩師のひとこと
「みーちゃん、かわっとらんね~」
(!これは!喜んでは!いけないパターンだっ!!)

エマージェンシーのサイレンが鳴り響きます。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと、またかくにごとし。

かくにごとし!です!

2013年9月 8日 (日)

「TOKYO」

2020 オリンピック開催地が東京に決定しましたねー!!

わたしは喜んでいます!
まったく期待せず悲観的だったため
最終投票の結果をあのメガネのおじさんが
「TOKYO」とポロっと発した時は、ブワッと鳥肌が立ってしまいました。

2020tokyo

プレゼンテーション フィルムも良かったですね。

オリンピックの開催に伴い、全国のスポーツジムには
入会者が殺到するのが常らしいのですが
これもスポーツの力だと思います。

私もやってやるんだ…!
世界中の人をそんな気持ちにさせる発信地に選ばれたことは、
「やってやるんだ…!」という姿勢を、日本こそが
世界に期待されている表れかもしれません。

夢の実現にはこれから多く苦労があると思いますが、
7年後 世界とつながりたい!ひとつになりたい!未来へ届けたい!
こんな気持ちが、言葉や文化や世代を超えて
実現することを祈ってやみません。

こちらの PRフィルム も素敵でした。
こんな風に人の感動が目に見えたら
世の中とっても楽しいと思いますヽ(´▽`)/

Tokyo2020_2

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ