« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月17日 (金)

台風に備える、の巻

ここ数日はコチラ佐賀でも
「台風の最新情報」についてチェックを欠かさず、
被害が未然に防げるよう 現場のことを考えています。

佐賀での大きな被害もなく11号は離れていきましたが
四国や中国地方では 爪痕を深く残しながら
ゆっくり進んでいるようです。

被害に遭われた方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。
一日も早く、復旧し安心して生活できる日が来るようお祈りいたします。

Tyho11_2

すでに台風12号が日本へ近づいてきています。

台風への備えは常日ごろから講じておくのがベスト

台風が接近してからあわてて屋外で作業するのは
危ないので絶っっ対にやめましょう



お庭に関していえば、
大きなポイントは2つです。
① 飛んでいきそうな物は屋内へ移動!
② 折れそうな樹木には支柱を!



他にも…
カーポート(片流れ屋根)をご利用のお宅では
サポート補助柱をセットしましょう!

Spt_2

これは屋根が下からの風にあおり負けないよう
屋根と地面をつなぐ柱になります。

Spt2

えっ!そんなのあったかしら?
補助柱は通常、本柱の横に収納されています。
一度ご確認されてみてください

Syuunou
※三共アルミHPより引用

この柱の有無でずいぶん耐風度が変わってきます。

台風でなくとも、風が強い日には
念には念を サポート柱を取り付けるようお願いいたします。


2015年7月 7日 (火)

神は細部に…

…フランスには
趣味を持たなければ、天才も高等な馬鹿にすぎない
という ことわざがあるそうで、
趣味が人生に与える彩りや深みが
いかほどか うかがい知れますね。

高等な馬鹿」も大いに結構ですが
やはり 夢中になれる楽しみがなくては!

神埼市S様がお見せくださったのは

Dsc_0014

おお~ミッキーマウス!
かわいい!
と、よくとく見れば…

これ、S様が作った切り絵なんです。
ミッキーの顔もミニーのスカートの水玉も
靴もしっぽも、黒い画用紙から切り取られた
一枚の作品ではありませんか!

Dsc_0015

白雪姫の目元や、バラをご覧ください。
この線が書かれたものではなく
切り取られたものだとは…

こんなに、色の対比が
これほどハッキリして美しいとは
島さんと私とで 切り絵の魅力に驚いてしまいました。

なんでも作成中は、黙々と没頭できるそうで、
精神統一になるのだとか…
たくさんの作品を見せてくださる
奥様の笑顔のキラキラなこと




・・・
さてさて、どれどれ…´ω`)ノ
))ズイッ


楽しそうなことには突っ込みたがる私の首を
S様が歓迎してくださったことで、さらにグイグイ伸ばし
切り絵のお手本集までお借りしてきました♪
S様、ありがとうございました

①必要な道具はコチラ↓
Dsc_0228
・カッター
・カッターマット
・色紙(折り紙は×)
・お手本

②今回、トライするのはコチラ↓
Dsc_0230
ダンボ君です!!
うーん、愛らしい
他にもお手本集には色々なディズニーの
イラストが紹介されていました。



③縮小します。
Dsc_0231
完成の大きさを決めて、お手本を縮小コピーしました。
今回はちょうど1/2の大きさにします。

思ったよりも小さくて、難易度がグンと増したような…

水色の色画用紙に、コピーした紙を貼ります。

④カット、カット、カットあるのみ。
Dsc_0233
カッターで切ってくりぬいていきます。
む、むずかしい~

角が切りきれていない紙を、
ついつい指でピッと引っ張ってしまいます。
これが切り絵でのタブー

↓引っ張った場合
Cocolog_oekaki_2015_07_07_13_18

↓キレイに切った場合
Cocolog_oekaki_2015_07_07_13_19

この辺りの細かい技術が、
見惚れる作品になるかどうかの分かれ目です。

小さな丁寧の積み重ねが、
全体の完成度にかかわるわけですね!


お庭の仕事と何も変わりません
何の仕事についても、同じことかもしれません。

ジブリの宮崎駿さんいわく
「大事なことって たいてい面倒くさい」

尾田栄一郎さんいわく
「書き込みは 伝わる」

建築美術のことば
「神は細部に宿る」


きっとたどり着くところは一緒です

カッターひと刺しひと刺しに忍耐がこもります。
逃げ出さないこと、投げ出さないこと。
(信じぬくこと。それが一番だいじ~)
・・・確かにだんだん 無私 の心地・・・

⑤切り抜きました!
Dsc_0234
なかなかの出来ではないでしょうか(´,_ゝ`)


⑥額に入れる
Dsc_0229
この額縁は…4月に㈱エクシスさんの研修で
実際に塗布作業を体験したとき いただいた
シャビーシックなフォトフレームです。
(その時の島さんの記事はコチラ)

1/2の大きさに変更した理由は、
すでに額が存在した為合わせたから、でした。


楽しい
黙々と手を動かして、無心になれると
教えてくださったS様の言う通りです。
充実感を感じる時間を過ごすことができました!

写経をしていますが、それに近い感覚です(o^-^o)
写経と違い、完成した作品が可愛いので
贈り物にしても喜ばれるのも納得のお話
(写経のプレゼントは 祖母しか喜んでくれないものなぁ

新しい扉を開かせていただきました
S様、ありがとうございました
近々、ダンボを手に
ご本をお返しに伺いたいと思います。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ